おやじの つぶやき

 グリンデルワルトに住む、安東一郎=おやじ が、特にテーマもなく、毎日の行動、思い、気持ち、その他を、とりとめなく、 
 つぶやくコーナーです。 多少、個人的、傾斜的、一方的、一面的、勝手気ままに書いていますが、お許しを。 
           「ご意見」は、こちらへ。
 
ご批判、激励、賛同、反対、その他、なんでもOKです。
 (但し、匿名のメールは無視します)
 「写真クイズ」などの回答は「ここ」へ回答をお送り下さい。
なお、  をクリックして頂くと、その日の写真が御覧頂けます。
「おやじのつぶやき」の写真一覧
「おやじのつぶやき」(2011年11月分) 「おやじのつぶやき」 表紙 「おやじのつぶやき」(2012年01月分)

2011年12月31日(土) 雨/雪 3005
今日の天気は、雨。
朝、インターラーケン・オストから電車に乗り、ラウターブルネン経由、クライネ・シャイデックへ。
ここでは吹雪。景色は真っ白。
更に電車を乗り換えてユングフラウヨッホへ。
雪の為に電車は遅れている。乗客も団体客のみで、個人客は少ない。
ユングフラウヨッホに到着後、すぐに折り返しの電車で下山する。
車両は少なく団体客と一緒に乗るが、韓国からの子供達の団体客が車内でカップラーメンの昼食中。
臭いが強く、たまらない。
電車内での飲食は禁止となっているが、そんなのお構いなし。ヤレヤレ。。。。

グリンデルワルト経由でインターラーケンに戻り、その後、トゥーン湖畔で電車を撮影する。
1日中、町中では雨。折角降った雪もボショビショに。

大晦日の夜。
カウントダウンを撮りに出かける。

1年間、御愛読ありがとうございました。
新年もどうぞよろしくお願い致します。

「今日の写真」を、どうぞ。
2011年12月30日(金) 3004
今日の天気は、雪。
朝からそこそこの雪が積もっていた。しかも、風が強い。
ツェルマットをチェックアウトして、車で移動。
途中「氷河急行」を撮影する。

ブリークからローカル電車に乗ってシュピエッツへ。
特急電車などは、新しく出来たトンネルを利用して短時間で結ぶが、こういうローカル電車で山を越えて行く方が景色は良い。
シュピエッツからもローカル電車でインターラーケン・オストに。
今日からインターラーケンに宿泊する。

「今日の写真」を、どうぞ。
2011年12月29日(木) 雪/晴れ 3003
今日の天気は、雪、晴れ。

ツェルマット村内を撮影する。
その後、再び登山電車に乗ってリッフェルベルグへ。
ガスにかげるマッターホルンなどを撮影する。

その後、またテッシュから車に乗って走る「氷河急行」を撮りに行く。

「今日の写真」を、どうぞ。
2011年12月28日(水) 晴れ 3002
今日の天気も、晴れ。

早朝のマッターホルンを撮影し、登山電車でローテンボーデンへ。
リッフェルベルグまで歩いて降りて、電車でツェルマットへ戻る。
その後、テッシュに戻り、車でブリーク方向に走る。
そしてやって来る「氷河急行」の走りを撮影、テッシュ駅周辺で撮影を行なう。

「今日の写真」を、どうぞ。
2011年12月27日(火) 晴れ 3001
今日の天気も、晴れ。

朝からヘリコプターによる空撮を行なう。
撮影するのは、ゴルナーグラート鉄道で、リッフェルアルプからゴルナーグラート間。
(ツェルマット村内上空は飛べないとの理由だった)

約1時間の飛行を行ない、次に電車に乗車してゴルナーグラート山頂駅へ。
雪が降った後の良い天気で休暇中。
スキー客などが沢山やって来ていた。

沿線を歩きながら撮影し、ローテンボーデン近くにある氷で作られたホテル&レストランの「アイス・イグルー」を撮影する。
室内の気温は0度で寝袋に寝るもので、チーズフォンデュの夕食、ジャグジー、スノーシューハイキングなどがセットされている
そうだ。
今夜は33名の宿泊予約が入っていると言う。
山々の夕焼けを撮影してツェルマットに戻る。

「今日の写真」を、どうぞ。
2011年12月26日(月) 晴れ 3000
今日の天気も、晴れ。
午前中はアンデルマットの町中を撮影し、午後の「氷河急行」に乗車してツェルマットに向かう。
冬場には1日一本の「氷河急行」なのだが、乗車率は約50%ほど。空席も目立つ。
(但し、年末〜年始には、クール〜ブリーク間にもう一本走っているが)

午後5時過ぎ。10分ほど遅れて終着駅の「ツェルマット」に到着。
冬のツェルマットに来るのは久し振りだが、スキー客などで賑わっていた。

「今日の写真」を、どうぞ。
2011年12月25日(日) 晴れ 2999
今日の天気は、晴れ。

メリー・クリスマス!

朝から電車に乗ってアンデルマットからディセンティスに向かう。
クリスマス休暇中+雪降りのあとの晴天=スキー客が多い・・・で、沢山のスキー客や休暇客がやって来ており、電車にも多くの
乗客で混んでいた。
昨日の雪降り天気とうって変わっての晴天に景色が綺麗。

ディセンティスから再び電車でアンデルマットへ。
その後、「悪魔の橋」とレアルプの「カートレイン」を撮影する。

家族から宿泊ホテルにクリスマスプレゼントが送り届けられていた。
早速開封する。
家内、長男、長女からのプレゼント。嬉しいものだ。
(おやじも、グリンデルワルトを出発する朝に、家族へのプレゼントをクリスマスツリーの下に、しっかりと置いておいた)

「今日の写真」を、どうぞ。
家族からのプレゼント
2011年12月24日(土) 2998
今日の天気は、曇り〜雪降りに。

サン・モリッツから「氷河急行」に乗って出発。
(昨日まで通行止めだった「氷河急行」だが、今日から運行を再開した)

降りやんだ雪も、ディセンティス付近から再び降り続いていた。
ディセンティスまでは「レーティッシュ鉄道」、ディセンティスからは「マッターホルン・ゴッタルド鉄道」の管轄となる。

アンデルマットは大雪で、そこらじゅう積雪量が1m50cm以上だった。
結局、今日乗ったディセンティス〜アンデルマット間は、その後、雪崩の危険があるためにまた不通となった。

夜の11時。
アンデルマットの教会にて「クリスマス・イブ」のミサを撮影する。

「今日の写真」を、どうぞ。
2011年12月23日(金) 晴れ 2997
今日の天気は、晴れの天気。

朝から車でサン・モリッツを出発し、ユリア峠越えで、ランドバッサー橋まで向かう。
橋までの道は、夏はハイキングコースになっているが、冬は未踏の地。
特に橋の上に上がるコースは、腰まで積っている雪をかき分けかき分け、山道を登り、汗だくだくで、撮影ポイントに到着。
晴れているのに傘をさすのは、木の枝に積もった雪が突然落ちて来るので、それを防ぐため。

冬場は1日に一本しか走らない「氷河急行」を撮影する。
但し、現在「雪崩の危険があるため」氷河急行は、クール駅で終了。
ディセンティスまでは普通列車は動いていると言う。

ベルギュンから普通電車に乗って「プレダ」へ。
ここから「そり」を借りてそりコースを滑る予定だったが、雪崩の危険があるために「そりコース」はクローズ。
でも、そりを借りずにそりコースを徒歩で歩きながら、途中のループを走る電車を撮影する。

約7kmのそりコースを歩いて下り、ベルギュンから電車に乗ってサン・モリッツに戻って来る。
サン・モリッツ到着後、サン・モリッツ湖の霧にむせぶ景色を撮影する。

「今日の写真」を、どうぞ。
2011年12月22日(木) 2996
今日の天気も、雪降り。
標高の低い場所では、雨降り天気である。

朝の電車でチューリッヒを出発し、クールへ。
クールではホテル・レストランで名物料理を撮影。
その後の電車でサン・モリッツへ。
ず〜〜〜と 雪降りの景色。

サン・モリッツでは、ホテルの撮影や町中の撮影を行なう。

「今日の写真」を、どうぞ。
2011年12月21日(水) 2995
今日の天気も、雪降り。
クール方面に走る電車を撮影し、チューリッヒ市内へ。
チョコレート専門店などを撮影しながら、様々な雑景を撮る。

お昼頃からチューリッヒ市内の景色を撮影。
夕方からは、市内のイルミネーションなどを撮る。

「今日の写真」を、どうぞ。
2011年12月20日(火) 2994
今日の天気は、雪。しかも大雪。
チューリッヒから車で南下。クール方面に走る。
どこもかしこも、雪降り。。。。
SBB(スイス連邦鉄道)沿線で走る電車(クール行きのIC=インター・シティ)を撮る。

午後には、チューリッヒ中央駅構内で開かれている「クリスマス・マルクト」を取材する。
また、バーンフォーフ・シュトラッセ(駅前通り)の景色などを撮影する。
駅近くの広場で開かれている「シンギング・クリスマス・ツリー」を撮影する。
毎日、出演するグループが決まっていて、今夜は「ツーク」(Zug)の音楽学校の合唱グループの出演だった。

駅となりの「連邦博物館」(国立)内の中庭では、アイススケート・リンク」となっていて多くの子供達が滑っていた。

「今日の写真」を、どうぞ。
2011年12月19日(月) 曇り/雪 *** 2993
今日の天気も、曇り。時々小雪が降った。
昨夜から降った雪が積もっているので、朝から雪かきを行なう。
午前08時の気温は、−5℃。
少々寒い朝だった。
午前中は、事務所での仕事。
午後から車で、スタッフと共にチューリッヒ空港に向かう。
日本から到着したテレビ取材チームを出迎える。
明日からいよいよ30日間の「世界の車窓から」の取材が始まる。
午前08時30分のグリンデルワルト 午後05時30分のグリンデルワルト
2011年12月18日(日) 曇り/雪 *** 2992
今日の天気も、曇り。時々小雪が降った。
朝から雪かきを行なう。

ようやく降った雪が嬉しいが、しかし、まだまだ量的には少ない様子。
各スキー場が本格的に稼働するのは、次の雪が降ってからだろう・・・。
しかし、今週末からはクリスマス休暇である。

さて、おやじは、明日からテレビの取材でグリンデルワルトを留守にする。
期間は、1ケ月間(30日)である。
番組は、おなじみの・・・「世界の車窓から」(テレビ朝日)。
冬のスイス各地の映像を取材します。
終了は2012年01月17日である。

明日から、また各地の取材の様子をお届します。(予定)
12時30分の「アイガーライヴ」 16時30分の「アイガーライヴ」
2011年12月17日(土) 雪/曇り *** 2991
今日の天気は、雪降りから曇りへ。
午前08時30分の気温は、+0℃。

事務所はお休み。
昨夜から降り始めた雪が積もっている。
朝から「雪かき作業」である。
積雪量は約30cmほど。

フィルストのスキー場の一部とシルトホルンの一部だけがオープンした。
(クライネ・シャイデック地区とメンリッヒェン地区は、雪が少ないので今週末からのオープンは延期となった)

夜は、4つ星ホテルのオーナーが結婚25周年記念とのことで、記念の夕食パーティに招待してくれたので、出席する。
宿泊客、知人、友人を90名ほど呼んでの盛大なパーティだったが、夕方5時のアペロから始まって、9コースのディナーに、途中
でロックンロール・グループの踊りがあって、結局終了したのが午前0時30分頃。延々と7時間30分の食事だった。
(途中で眠くなった、おやじでした・・・・苦笑)


自宅に戻って来てから、週末の夜なので「ハリーポッター」(完結編 1部)(DVD)を見ていたら、ビックリ!

登場人物に「Grindelwald」(グリンデルワルト)という名前の人が居た。
まさに、「うっそ〜〜!?」でした。
原作者が、過去にグリンデルワルトに来たことがあるのかも・・・・・?
(名前が浮かばずに、グリンデルワルトの名前を使ったのかも・・・・?)笑
雪で真っ白 おやじと奥さん メインディッシュのお肉
2011年12月16日(金) 曇り *** 2990
今日の天気も、曇り。
午前08時30分の気温は、+1℃。
天気予報では、スイス全体に強風が吹き荒れる・・・そうだ。

確かに、昼間は、ゴーゴーと、強風の音が不気味に吹いていた。
登山電車も運休。ユングフラウヨッホ観光に行けなくなった日本人の観光客が弊社のカウンターにやって来る。
「何処へ行けばよいか・・・・・?」という質問である。
こんな日は、何処へも行けない。村内散策しかする事はない、のだが・・・・。
2011年12月15日(木) 曇り/小雪 *** 2989
今日の天気も、曇り、小雪。
午前08時30分の気温は、+0℃。

事務所での仕事を。
クリスマス・カードの準備など、する事が多い。

夕方に、今シーズン初の「雪かき」を行なう。
真っ白になった村 家族の肖像
2011年12月14日(水) 曇り *** 2988
今日の天気は、曇り。
午前11時00分の気温は、+5℃。

テレビの取材も終了し、グリンデルワルトでしばしのお休みを。
自宅には、クリスマス・ツリーの飾り付けが終了し、いやおうなくクリスマス・ムードに!?(笑)
雪はまだまだ降らないで、エサを求めて村に下りて来た 鹿が3頭、自宅近くを走っていた。

天気予報では、金曜日あたりから雪が降るとか・・・・・?
クリスマス・ツリー 走る 鹿が3頭
2011年12月13日(火) 曇り 2987
今日の天気は、曇り。

「シュタイン・アム・ライン」から車でチューリッヒに向かい、今、日本でも人気のバッグ「フライターク」の新工場に向かい、ここでの
撮影を行なう。
過去、「にじいろジーン」をいう番組で、チューリッヒ市内にあるお店は撮影したが、工場は初めてである。
オーナーでもあり、クリエイティブ・ディレクターの「ダニアエル・フライターク」氏のインタビューでは、彼ら兄弟がチューリッヒの
道路そばに住んでいる頃、自転車に乗る時に丈夫なバッグはないだろうかと思っていたら、目の前を走るトラックの幌を見てアイ
デアが浮かんだと言う。最近、銀座にもお店をオープンしたと言う。

その後、チューリッヒ空港に向かい、11日間御一緒した取材チームとお別れする。

ちなみに、この「欧州鉄道の旅 = BSフジ」(スイス編)の放送は、2012年01月11日(水) 午後22時〜22時55分まで。と
2012年01月18日(水) 午後22時〜22時55分までに 放送されます。 (再放送は、放送後の日曜日です)
どうぞ、お楽しみに!!

「今日の写真」を、どうぞ。
2011年12月12日(月) 曇り/雨 2986
今日の天気は、曇り〜雨模様。

朝から世界遺産になっている「図書館」を撮影し、その後、電車で「ロマンスホルン」へ向かう。
ここは、「ボーデン湖」を挟んで、対岸はドイツ側の国境にある街で、主要な電車の終点にもなっている。
町中を撮影し、ライン川に沿って「シュタイン・アム・ライン」へ向かう。

「ライン川の宝石」とも呼ばれる小さな町。人口は3300人。
高台に建つ「ホーエンクリンゲン城」からの景色が綺麗だ。

「今日の写真」を、どうぞ。
2011年12月11日(日) 曇り/晴れ 2985
今日の天気は、曇り〜晴れ。

「サン・ガレン」から車に乗って「アッペンツェル」へ。
スイスの中でも独特の文化を持つ地方。
町中を撮影し、昼食を取る。

その後、「サン・ガレン」に戻り、町中や俯瞰の撮影を行なう。

「今日の写真」を、どうぞ。
2011年12月10日(土) 曇り/雨 2984
今日の天気は、曇り〜雨模様。

ルッツェルンから「フォア・アルペン急行」(Voralpen Express)に乗車して一路ラッパースヴィル(Rapperswil)ヘ向かう。
この小さな町の中でクリスマス・マーケットの様子などを撮り、その後、ラッパースヴィルから再び「「フォア・アルペン急行」に
乗って「サン・ガレン」に向かう。

「サン・ガレン」は、雲の下で気温が低い。

「今日の写真」を、どうぞ。
2011年12月09日(金) 晴れ 2983
今日の天気は、晴れ。

早朝から車でフィッツナウを出発し、アルト・ゴルダウへ。
そこで鉄道会社の担当者と待ち合わせして、登山電車でリギ山に登る。
標高1200mあたりから真っ白な雪景色に変わる。
ただ、雪の量は少ないし、風も強く吹いており、雪が飛ばされていて、そんなに積ってはいない。

リギ山で撮影後、フィッツナウ側に登山電車で下り、車でルッツェルンに向かう。
ルッツェルン市内や交通博物館での撮影を行なう。
交通博物館は、久し振りにやって来たが、新しく建て物が増えており、展示内容物も増えていた。
特に、見るだけでなく、触ったり、試したり・・・出来るのが良い。

夜のクリスマス・マーケットの様子などを撮影し、夕食を取ってから再びフッツナウに戻る。

「今日の写真」を、どうぞ。
2011年12月08日(木) 曇り/晴れ 2982
今日の天気は、打って変わっての曇り空から晴れ模様に。

バーゼル市内の建て物や駅構内などを撮影し、バイエラー財団の美術館を撮影する。
この美術館は、ギャラリーを経営、敏腕ディーラーとして名を馳せたバイエラー氏が集めた約200点のコレクションを展示して
おり、ゴッホ、セザンヌ、ピカソ、ブラック、マティス、ミロ、カンディンスキー、クレー、ピカソ、ロスコ、バゼリッツなど、後期印象派
から現代アートまで、巨匠たちの名作が揃っているそうだ。
昔、学校の美術の時間に見た絵画が沢山ありました。

ライン川を挟んで並ぶドイツ、フランス、そしてスイスの「3国国境点」で撮影。
夕方からルッツェン郊外の「フィッツナウ」に移動してくる。

「今日の写真」を、どうぞ。
2011年12月07日(水) 雨/雪 2981
今日の天気も、雨模様。
朝から「ラ・ショード・フォン」市内の時計工房と某時計メーカーに撮影に行く。
某時計メーカーで作っている時計は、ナント、1個が約3500万円〜4000万円という物で、年間8個位だそうだ。
目の前には10個の腕時計を見せてくれたが、これだけで、ナント!3億円前後。
触らせて頂いたが、う〜〜〜〜ん・・・・という感じ。(笑)
誰が買うのでしょうか・・・・・?
(詳しくは、番組をご覧ください)

その後、町中の建て物を撮影する。
中に、スイス紙幣の10フラン紙幣の肖像画になっている「ル・コルビュジェ」の建築した「ホワイト・ハウス」は有名だそう。
「ル・コルビュジエ(Le Corbusier、1887年10月6日 - 1965年8月27日)はスイスで生まれ、フランスで主に活躍した建築家。
本名はシャルル=エドゥアール・ジャンヌレ=グリ(Charles-Edouard Jeanneret-Gris)。
フランク・ロイド・ライト および ミース・ファン・デル・ローエ と共に「近代建築の三大巨匠」として位置づけられる(ヴァルター・
グロピウスを加えて四大巨匠とみなすこともあるそうだ。

電車で「ラ・ショード・フォン」から「バーゼル」に向かう。

「今日の写真」を、どうぞ。
2011年12月06日(火) 雨/雪 2980
今日の天気は、雨模様。

ホテルをチェックアウト後、「イヴェルドン・レ・バン」駅前の朝市へ。
そして、車でヌシャテルへ向かう。途中で電車の走りを撮影する。
天気が悪い分、気温も下がって来ており寒い。

ヌシャテルでは、日本語を話すガイドさんと待ち合わせ。
この方、昔 柔道を学ぶ為に奈良の大学に入って、その後、ミュンヘン・オリンピックにも出場したと言う方で、柔道8段だそう。
驚いた。。。関西弁ペラペラで、話していると面白い。(笑)

デザインホテル・パラフィット、ラテニウム(考古学博物館)、ヌシャテルの町中を撮影し、電車で「ラ・ショード・フォン」に向かう。
ここは、標高も高いので雨が雪に変わり、あたり一面真っ白!
(いよいよ、冬だなぁ〜〜と、実感する)
夜になっても、雪は激しく降っていた。

「今日の写真」を、どうぞ。
2011年12月05日(月) 曇り/雨 2979
今日の天気も、曇り空。所々で雨が降ったり、晴れ間が見えたり・・・と変な天気。

ジュネーヴのホテルをチェックアウトして、電車でヌシャテルに向かう。
車内での撮影も行なう。
その後、再び電車でイヴェルドン・レ・バンに戻り、町中の撮影を行なう。

町中にある温泉センター「サントル・テルマル」内を撮影。
午後には、電車の走りを撮るために沿線上での撮影を行なう。

本当に天気がう移り変わりやすく、晴れ間が出たと思ったら、急に雨がザーと降りだしたり・・・・・。
嫌になって来る。

「今日の写真」を、どうぞ。
2011年12月04日(日) 曇り/雨 2978
今日の天気は、曇り。所々、雨。
取材で、まずはジュネーヴ駅構内を撮り、その後、撮影しながらイヴェルドン・レ・バンに向かう。
天気がイマイチなので、困る。

夜はジュネーヴに戻って、レストランで夕食。
取材スタッフの1名が誕生日だったので、レストランにケーキを用意してもらい、皆で「ハッピーバースデートゥーユー」の合唱を。

「今日の写真」を、どうぞ。
2011年12月03日(土) 曇り/雨 2977
今日の天気は、昨夜から雨が降っている。それこそ、30日〜40日ぶりに雨である。
午前07時30分すぎに自宅を出発、ベルンに寄ってからジュネーヴ国際空港に取材チームを出迎えに。
チームは、4名のグループ。

到着後、早速取材の開始。
ジュネーヴ市内各所で撮影する。
ジュネーヴ地方も天気が徐々に崩れ始めており、夕方には雨になった。

「今日の写真」を、どうぞ。
2011年12月02日(金) 晴れ/曇り *** 2976
今日の天気は、晴れから曇り空に。
午前08時30分の気温は、+2℃。

事務所での仕事を行なう。
明日から、テレビの取材で留守となるので、そのための準備などを行なう。

取材するテレビとは・・・

\\\\\\\\\\\\\\ 「欧州鉄道の旅」(BSフジ)取材開始! \\\\\\\\\\\\\\\

 BSフジの人気番組「欧州鉄道の旅」(スイス編)の取材が、明日(12月03日)から、スイス北西部とスイス東部地区で行なわれ
 ます。コーディネイターは、グリンデルワルトの「おやじ」こと、安東一郎です。
 明日からの11日間、スイス各地から「つぶやき」ます(予定)。

 なお、放送日は、
 2012年01月11日(水) 午後22時〜22時55分まで。
 2012年01月18日(水) 午後22時〜22時55分まで。
 (再放送は、放送後の日曜日)
 どうぞ、お楽しみに!!
2011年12月01日(木) 晴れ 2975
今日の天気も、晴れ。
午前08時30分の気温は、+2℃。

今年も残すところ、あと一カ月。
月日の経過が早い・・・・。

雪が降らない。
スイス各地でも降っていない。
いつ、降るのだろうか・・・・・?

ニュースから・・・
『“ジェットマン”お見事! 高度1500mで曲芸飛行    テレビ朝日系(ANN) 11月26日(土)19時29分配信

 スイスのアルプス山脈上空で24日、並外れた曲芸を披露しているのは、スイスの自称「ジェットマン」ことイブ・ロッシーさんです。
ロッシーさんは4つの小型ジェットエンジンを搭載した翼を背負い、高度1500メートル地点でジェット機2機と時速220キロ、圧巻の
曲芸飛行を行いました。
ロッシーさんはこれまでにも、グランドキャニオン上空やドーバー海峡の横断飛行に成功しています。.
最終更新:11月27日(日)8時12分』
http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?a=20111126-00000036-ann-int

だ、そうだ。
色んなスイス人も、居ます。。。。

「今月の写真」を、どうぞ。