おやじの つぶやき

 グリンデルワルトに住む、安東一郎=おやじ が、特にテーマもなく、毎日の行動、思い、気持ち、その他を、とりとめなく、 
 つぶやくコーナーです。 多少、個人的、傾斜的、一方的、一面的、勝手気ままに書いていますが、お許しを。 
           「ご意見」は、こちらへ。
 
ご批判、激励、賛同、反対、その他、なんでもOKです。
 (但し、匿名のメールは無視します)
 「写真クイズ」などの回答は「ここ」へ回答をお送り下さい。
なお、  をクリックして頂くと、その日の写真が御覧頂けます。
「おやじのつぶやき」の写真一覧
「おやじのつぶやき」(2011年07月分) 「おやじのつぶやき」 表紙 「おやじのつぶやき」(2011年09月分)

2011年08月31日(水) 晴れ *** 2883
今日の天気も、晴れ。
午前08時00分の外気温は+14℃。

おやじの車が新しくなった。
車種は、メルセデス・ベンツのミニバス・タイプで「Viano」(8人乗り)。4輪駆動。オートマチック車である。

今までの車も同じタイプ(車種)で、丁度4年間走ってくれた。
(2007年08月08日に新車として我が家に到着した)
それから4年。
走った距離は、約130,000km。(1年間に30,000kmちょっと)
良く働いてくれた。
今度の新車も、同じように働いてくれるだろう・・・・・。期待したい。
2011年08月30日(火) 晴れ *** 2882
今日の天気も、晴れ。
午前08時00分の外気温は+15℃。

午前中は自宅で仕事。
午後にはインターラーケンに用事で出かける。
麓の木々は黄色い色に変わりつつある。
もうすぐ、秋だね〜〜。月日の経過は、早い早い・・・・・。(笑)
2011年08月29日(月) 晴れ/曇り *** 2881
今日の天気も、晴れ、午後には曇り空となる。
午前08時00分の外気温は+12℃。

今日は、グリンデルワルトから親子連れの4名の方々を車でテッシュ駅までお送りする。
そして、同じご家族が戻って来るまでの時間、テッシュで待つ。
グリンデルワルトでも天気が良かったが、こちら南側でも天気は良くて、暑いくらい。

夕方、北側に戻って来ると、一面の曇り空。
多分、雲海だとは思うが。。。。
2011年08月28日(日) 晴れ *** 2880
今日の天気も、晴れ。
午前08時00分の外気温は+10℃。
真っ青な青空。雲1つない青空。

周辺のハイキングに出かける。
日中は暑く、汗が噴き出す。しかし、日陰に入るとひ〜〜んやりと、する。
急に秋になったようだ。
2011年08月27日(土) 晴れ *** 2879
今日の天気も、晴れ。
午前08時00分の外気温は+10℃。

昨夜、いや、今朝方の午前4時頃。
ゴロゴロ、ピカピカ、ドドド〜〜〜〜ン、と物凄い雷の音。
それが、延々と続く。
それでも眠っては居たのだが、しかし、鳴りやまぬ雷。そして激しい雨に、まいった〜まいった〜。

で、起きてみると、山には真っ白な雪が。標高1600mあたりから上には新雪が積っていた。
そして、気温も、グッと下がっていた。

久し振りのお休み。
家での仕事を何かと片づける。
午後には、庭の芝刈り。これが、優に4時間はかかる。
そして、大きな木々や葉っぱ専用のゴミ箱3つが、一杯となる。
真っ白な雪が、アイガーに。 真っ白な雪が、チュッケンに。
2011年08月26日(金) 晴れ *** 2878
今日の天気も、晴れ。
午前08時00分の外気温は+19℃。

今日は、4名の御家族を車でスイスの西端、ジュネーヴへ車でお連れします。
いつものチューリッヒ空港だと、峠越えで2時間の距離だが、ジュネーヴの場合は、殆ど高速道路を走るが、それでも、2時間45分
程で到着する。(走行距離は、約300km)
しかし、市内に着いてからが問題。慢性的な渋滞の町、ジュネーヴでは、市内の中心地に辿り着くまでに30分は掛かってしまうの
である。
チューリッヒに比べると、ジュネーヴはやはり遠いなぁ〜〜。(笑)
2011年08月25日(木) 晴れ *** 2877
今日の天気も、晴れ。
午前08時00分の外気温は+19℃。
朝方は涼しくて、日中はメッチャ暑くて、夕方には夕立が。。。。。

グリンデルワルトから2名のお客様をチューリッヒ空港へ車でお連れする。
グリンデルワルトからチューリッヒ空港まで、ブルニーク峠越えで約2時間。距離は片道150km。
2011年08月24日(水) 晴れ *** 2876
今日の天気も、晴れ。
午前08時00分の外気温は+19℃。

昼間は事務所で仕事をして、午後にはチューリッヒ空港へ。
(最近は、チューリッヒ空港へ行くのが、殆ど通勤状態になっています・・・苦笑)

日本から到着された御家族(4名様)を車でグリンデルワルトへお連れする。

しかし、、、、暑いな〜〜今のスイス・・・・。
日中は、気温も30℃以上になっている。
どうなってるんだろう・・・? 地球は・・・・?
2011年08月23日(火) 晴れ *** 2875
今日の天気も、晴れ。
午前05時30分にホテルを出発。
ツェルマット駅から登山電車でテッシュへ。そこからグリンデルワルト・バスで一路、チューリッヒ空港へ向かう。
グリンデルワルト03泊、ツェルマット01泊、そして機内で01泊の5泊6日の親善訪問団。慌ただしいが、仕方ない。
チューリッヒ空港には午前11時過ぎに到着。
松本市からの訪問団のメンバーとお別れする。

グリンデルワルト村も、ツェルマット村も、来年には公式訪問団として日本を訪問すると言う計画があるという。
もしかしたら、2つの村の合同訪問団として行くかもしれない。それぞれ、松本市にも妙高市にも訪れる事になっている。

私は、私の奥さんと二人でスイス国鉄(SBB)に乗ってグリンデルワルトへ帰る。夫婦そろってこうして電車で移動するのも久し振り
である。
2011年08月22日(月) 晴れ *** 2874
今日の天気も、晴れ。
午前07時30分の外気温は+19℃。
朝方は涼しいのだが、日中は気温がグングンと上昇し、メッチャクチャ暑くなる。
8月中旬にして、正に「夏」が舞い戻って来たようだ。

朝、村長、書記長などの見送りを受けてバスでグリンデルワルトを出発。
カートレインに途中で乗って、テッシュに到着。ここから電車でツェルマットへ。

ツェルマットでは、ダニー・ルッケン観光局長などの出迎えを受けて、まずはエアー・ツェルマットへ見学に向かう。
ここは、元々救助ヘリコプター会社として発足し、現在は、工事用の資材、山小屋への食糧運送はもとより、遊覧ヘリなども行なう。
年間の救助出動回数は、500回以上とか。

その後、登山電車でゴルナーグラート展望台に上がり、クルムホテルでの昼食を取る。
360度の景色を堪能し、再び登山電車で下山。
ツェルマットでは、少しの自由時間を取った後、「ツェルマット博物館」で歓迎アペロ。
その後、ホテルでツェルマット村長、妙高クラブのメンバーと一緒に「歓迎夕食会」が行なわれた。

グリンデルワルトと松本市は姉妹都市。ツェルマットと妙高市は姉妹都市。そこで、4つの市町村が集まって「Wアルプス」を作って
いる。グリンデルワルトと妙高市、ツェルマットと松本市は、「親善友好都市」である。

残念ながら1泊しないツェルマットの夜は、あっという間に更けて行く。
エアー・ツェルマット ゴルナーグラート展望台 ツェルマットの旧市内
2011年08月21日(日) 晴れ *** 2873
今日の天気も、晴れ。
午前08時00分の外気温は+19℃。

グリンデルワルトから村のバスに乗ってグローセ・シャイデックへ。
アイガーのナイフエッジが、鋭く見える。
アイガーも、真正面から見るのも迫力があるが、こうしてグローセ・シャイデックから見る尖ったアイガーも、見ごたえがある。

ここからフィルストへのハイキング。
緩やかな登りで約1時間30分のコースである。(今日は2時間ほどかかったが・・・)
フィルストで昼食。
その後、自由行動で、フィルスト・フライヤーをする人、バッハアルプゼーへのハイキングをする人。そして、あらかじめ組んでいた
オプショナルツアーで「滝巡り」に行く人などと分かれた。
私は、「滝巡りツアー」のガイドとして16名の方々を御案内する。
ラウターブルンネンにある「トリュンメルバッハ」では、アイガー、メンヒ、ユングフラウなどの山々から氷河が溶けて流れ出る毎分2万
リットルの雪解け水が岩の中をグルグル舞いながら流れ出る豪快さを満喫する。
また「ヨーロッパで2番目の落差」(307m)を誇る、「シュタウプバッハ」では、滝の裏側まで近づいて流れ落ちる滝を堪能する。

グリンデルワルト最後の夜。あっと言う間の3日間である。
グローセ・シャイデック トリュンメルバッハ シュタウプバッハ
2011年08月20日(土) 晴れ *** 2872
今日の天気も、晴れ。
午前08時00分の外気温は+19℃。

昨日到着された松本市公式親善訪問団の方々をお連れして、まずはグリンデルワルトに新しく出来た「木材を燃やして暖める施設」
を見学する。ここは、山で倒れた木々、村内で不要になった木材などを集めて燃やし、村の中心部にあるホテル、商店、工場などに
熱を供給する施設で、煙を出さない。燃費を高め、オイルや電気などを節約するそうだ。

その後、登山電車に乗ってユングフラウヨッホへ。
多くの観光客で賑わっていた。

帰りは、クライネ・シャイデックからハイキングでメンリッヒェン展望台へ歩くのだが、途中で「アペロ」を御用意。
(誰も知らない、ビックリのアペロ)
アイガーなどのアルプスを目の前に聞くアルプホルンの音色。スイスの旗振り、スイス音楽に「正に、スイスに来ている〜!」という
感じで、参加者の方々も喜んでおられた。

メンリッヒェンの山岳ホテルにて「公式歓迎会」を。
グリンデルワルトの村長始め、村の有力者たちが集い、松本市からの訪問団のメンバーと楽しい夕べを過ごす。
沈む夕日を見ながら、スイス音楽を楽しみ、美味しい食事を頂いた。
グリンデルワルトでは新しく「松本クラブ」を発足した。
(松本市には、姉妹村提携委員会があるが、グリンデルワルトには今までなかったので新しく作ったのである)

夜には運行しないメンリッヒェン・バーンのゴンドラに乗って、真っ暗な中 グリンデルワルトへと下って行く。
すると、途中で停止。
「えっ!、故障・・・?」と思っていると、突然の花火。
参加者の方々は、ゴンドラの中から打ち上げられる花火を見て、またまた驚き。。。。

グルントからは車に分乗してホテルへと戻った。

ところで、今朝方、某日本のテレビ番組(バラエティー番組)の取材(撮影)が、我が、日本語観光案内所のカウンターで行なわれた。
有名な3人の芸能人が旅を続けている。スイスを旅行しながら、グリンデルワルトへやって来た。
駅前の日本語観光案内所で色々と質問する。それに応えるのが、おやじ・・・・。
果たして、その番組とは。。。。。?
放送日は、09月26日です。。。。お楽しみに・・・・・。(笑)
木材を燃やして暖める施設 途中で「アペロ」 山岳ホテルにて「公式歓迎会」
2011年08月19日(金) 晴れ *** 2871
今日の天気も、晴れ。
午前08時30分の外気温は+19℃。

午前中は事務所の仕事を行ない、お昼から電車に乗ってチューリッヒ空港に向かう。
普段は車で行く事が多く、車だと2時間で到着するのだが、電車だと3時間はかかる。

グリンデルワルトの姉妹都市、長野県松本市からの公式親善訪問団の総勢25名の方々が日本から到着。
私が出迎えて、グリンデルワルトのバスに乗って一路、グリンデルワルトへ。
2時間後の午後7時過ぎにグリンデルワルトに到着。
役場前では村長以下、村議会議員のメンバー全員と、グリンデルワルト子供コーラスグループがお出迎え。
可愛いヨーデルの歌を披露してくれた。

ここで、グリンデルワルト村長からの歓迎の言葉と共に、3月の東北地震の際、すぐに開いた「頑張って日本!」の集まりで集まった
寄付金を松本市に贈呈した。(松本市を通じて被災地の方々に使って頂くのである)
役場前では日の丸が 子供のヨーデル・グループ 「頑張って日本!」の発起人
2011年08月18日(木) 晴れ *** 2870
今日の天気も、晴れ。
午前07時30分の外気温は+19℃。
今日は、車で2名のお客様を2つの峠(グリムゼル峠、フルカ峠)を越えて、氷河急行の乗車駅「アンデルマット」まで御案内する。
弊社のプログラム「JIBシャトル・ミニバス」での仕事である。

夕方には、凄い「夕立」が発生。
先週まで「冷夏」のスイスだった。寒いし、天気はイマイチだった。
それが、今週にはってから、気温は連日+30℃。
真っ青な晴天で、暑い暑い。。。。。日差しが強い。。。。焼ける焼ける。。。。。(笑)

さて、明日からグリンデルワルトの姉妹都市である松本市から「公式訪問団」が来村する。
市長を始め、総勢25名の訪問団である。
2011年08月17日(水) 晴れ *** 2869
今日の天気も、晴れ。

午前02時に起床。
そして、03時過ぎに集合。
(普通は、寝る時間、或いは、子供達が飲んで帰って来る時間であるが・・・苦笑)
午前02時45分のグリンデルワルトの天気は晴れ。気温+18℃。

取材スタッフを車に乗せてグローセ・シャイデック経由でフィルスト方向に走り、酪農家を訪ねる。
今日は、「食彩の王国」(テレビ朝日)の取材で酪農家の生活を撮影するため、酪農家が放牧している牛を集めるところから、搾乳、
チーズ作りなどの一連の作業を取材する。
夜明けが綺麗だった。
雲ひとつない真っ青な空。白い雪山。緑の牧草地・・・・綺麗だ。。。。

午前04時から撮影を行ない、酪農家には午後1時過ぎまで滞在した。
その後、サンドイッチの昼食後、パリへ帰るスタッフを見送るため、車でチューリッヒ空港に向かう。
無事チェックインなどを済ますと、とんぼ返りでグリンデルワルトに戻る。
ちなみに、グリンデルワルト〜チューリッヒ空港間は、ブルニーク峠越えで片道が150km。(所要時間は2時間)である。

グリンデルワルトに戻って来たのが、午後7時。
その後、打ち合わせを兼ねた夕食を取り、自宅に戻ったのが、午後10時30分。
午前02時に起きて、午後10時30分まで。元気なものだ。。。。。(笑)

なお、「食彩の王国」(テレビ朝日)の放送は、10月15日(土曜日)、または、22日(土曜日)とのこと。午前09時30分〜。
http://www.tv-asahi.co.jp/syokusai/

語り手は、薬師丸ひろ子さん。でも、残念ながらスイスには来ません。(苦笑)
酪農家での搾乳 グローセ・シャイデックから 牛たちの「楽園」
2011年08月16日(火) 晴れ *** 2868
今日の天気は、うって変わっての晴れ模様。
午前07時の外気温は、+14℃。
今日は、テレビ朝日「食彩の王国」の取材で「ユングフラウヨッホ」に行く。
朝の登山電車に乗り、クライネ・シャイデックで乗り継いでユングフラウヨッホへ。
良い天気なので、朝から多くの観光客で電車もどこもかもが、混んでいた。
しかし、素晴らしい景色を見て、みんな感動し、堪能している。

夕方には、一旦グリンデルワルトへ下り、今度はメンリッヒェン展望台にゴンドラで上がった。
雲が、徐々に出始めていた。
テレビ朝日「食彩の王国」スタッフ ユングフラウ鉄道 メンリッヒェンからアイガー
2011年08月15日(月) 曇り/雨 *** 2867
今日の天気は、曇り〜雨。

昨夜到着したテレビのディレクター氏と「ロケハン」(ロケーション・ハンティング)に行く。
グリンデルワルト村内、酪農家、更に車でインターラーケンなどを見て回る。
なお、取材するテレビ番組は、テレビ朝日「食彩の王国」(土曜日の朝に放送中)である。

午後には、チューリッヒ空港にパリから到着する取材チームのカメラマンとVEさんを迎えに行く。
グリンデルワルト到着は、午後7時過ぎだった。
2011年08月14日(日) 晴れ *** 2866
今日の天気も、晴れ。
午前08時の外気温は、+17℃。

TBS「世界遺産」のスタッフをグリンデルワルトでお見送りする。
(タクシーで空港に向かい、スタッフは、その後、フランスのコルシカ島やギリシャのエーゲ海を取材すると言う)

おやじは、車でお客様を乗せてグリンデルワルトからテッシュに向かい、その後、別のお客様を車でチューリッヒ空港にお送りし、
そして、空港で待機して、日本から到着の次のテレビ取材のディレクター氏の到着を待って、グリンデルワルトにお連れする。
飛行機が遅れた影響でグリンデルワルトに戻って来たのが、夜中の0時30分だった。

グリンデルワルトでは、「マウンテンバイク・レース」が、行なわれた。
TBS「世界遺産」のスタッフ マウンテンバイク・レース
2011年08月13日(土) 晴れ *** 2865
今日の天気も、晴れ。

TBS「世界遺産」取材の11日目。

早朝から車でシュテッヘルベルグに向かい、ロープウェイでミューレンヘ。そこに、酪農家に迎えに来てもらい。車で酪農家の家へ。
朝からチーズ作りの撮影を行なう。

その後、ロープウェイで「シルトホルン」(映画007の舞台になった)展望台に上がる。
その後、ラウターブルンネンの谷を撮影し、午後3時、全ての取材が終了した。

スタッフの方々は、明日から、今度はコルシカ島(フランス)での撮影を行ない、その後、ゴリシャノエーゲ海クルーズの取材を
行なうので、更に20日間滞在することになっている。

なお、TBS「世界遺産」の放送は、2011年10月16日(日)午後6時から。是非、ご覧下さい。
ちなみに、TBS「世界遺産」の「スタッフブログ」に、「あんどういちろう」が掲載されています。
http://tbs-blog.com/heritage/
ミューレンの酪農家のチーズ作り シルトホルン(映画007の舞台) ラウターブルンネン教会
2011年08月12日(金) 晴れ *** 2864
今日の天気も、晴れ。

TBS「世界遺産」取材の10日目。

朝から、「ベーレック」の山小屋に荷揚げするヘリコプターに便乗して、「ベーレック小屋」へ飛ぶ。
昔は、この小屋の下部に「シュティーレック小屋」があったのだが、氷河の後退と共に、小屋の場所も崩れて無くなり、現在の
「ベーレック小屋」が建った。
小屋での撮影終了後、再びヘリコプターでグリンデルワルトへ戻る。
通常、グリンデルワルトからは、フィングシュテックへのロープウェイに乗り、そこから1時間30分のハイキングとなるのだが、ヘリ
コプターだと、あっと言う間の数分で到着する。楽なものだ。

その後、登山電車で「クライネ・シャイデック」に上り、景色などを撮影する。
夜には、グリンデルワルトのレストランで「チーズ・フォンデュ」の料理を撮影する。
ベーレック小屋とフィッシャー氷河 エーデルワイスの群生 ベーレック小屋を上空から
2011年08月11日(木) 晴れ *** 2863
今日の天気も、晴れ。

TBS「世界遺産」取材の9日目。
今朝方にグリンデルワルトへ戻って来たので、今日の仕事開始は、若干遅く始まる。
まう、登山電車で「シーニゲ・プラッテ」に上がり、アイガー、メンヒ、ユングフラウの三山を撮影する。
天気の良い日であり、観光客で電車も展望台も賑わっていた。

その後、ヘリコプターでの空撮を行なう。
今まで歩いて撮影した、ファウルホルン、グローセ・シャイデック、グリンデルワルト、グリンデルワルト氷河、アイガー北壁、メンヒ、
ユングフラウにユングフラウヨッホ、アレッチ氷河の全体、そして、ミューレンなどを80分間、飛んで撮影する。
サイコーの天気だったので、撮影もうまくできた。
シーニゲ・プラッテ ユングフラウヨッホとアレッチ氷河 アレッチ氷河の末端より臨む
2011年08月10日(水) 晴れ *** 2862
今日の天気は、晴れ。

TBS「世界遺産」取材の8日目。

フィッシャーアルプからロープウェイで下山し、車でオーストリアのインスブルックに向かう。
アレッチ氷河で採取した微生物をインスブルック大学の研究室で観察する為である。
途中、リヒテンシュタインなど経由して、インスブルックに到着したのが午後4時。
市内の撮影を行なった後、大学の研究室での撮影を。そして、午後8時ごろに撮影終了。
そのあと、車でスイスへと戻る。結局、グリンデルワルトに帰って来たのが、午前3時頃だった。
エッギスホルン インスブルック インスブルック大学研究室
2011年08月09日(火) 晴れ *** 2861
今日の天気は、晴れ。

TBS「世界遺産」取材の7日目。
朝から車でフィエッシュに向かう。
ここで、オーストリアのインスブルック大学の生物学の教授と落ちあい、ロープウェイでフィッシャーアルプに。そして、特別にお願い
した車で「アレッチ氷河」の近くまで行く。「アレッチ氷河」に住む微生物を探し、取材する。
氷河を歩くので、勿論登山ガイドも付ける。
氷河では雄大な景色なのだが、ほぼ1日、氷河の上に居ると風邪も冷たく、身体が冷えて来る。
夜は、フィッシャーアルプのホテルに宿泊する。
「わたすげ」が咲くアレッチ氷河 アレッチ氷河で記念撮影 アレッチ氷河
2011年08月08日(月) 曇り *** 2860
今日の天気は、曇り。
午前08時の外気温は、+16℃。

TBS「世界遺産」取材の6日目。

天気が悪いので、まずはクライネ・シャイデックに電車で上がり、その後、グリンデルワルトの「グレッチャーシュルフト」(峡谷)を
撮影し、その後、再び登山電車で「アルピグレン」に上がり、アイガー北壁直下の景色を撮影する。
グレッチャーシュルフト」(峡谷) 村内のメインストリート アイガー北壁直下の景色
2011年08月07日(日) 雨〜曇り *** 2859
今日の天気は、雨〜曇り。
午前08時の外気温は、+19℃。

TBS「世界遺産」取材の5日目。
朝から登山電車に乗ってユングフラウヨッホへ。
氷の宮殿、アレッチ氷河などの撮影を行なう。
ユングフラウヨッホ ユングフラウをバックに クライネ・シャイデック
2011年08月06日(土) 晴れ〜曇り *** 2858
今日の天気は、晴れ、時々、曇り、雨。
午前08時の外気温は、+18℃。

TBS「世界遺産」取材の4日目。
ベルンにある「スイス・アルプス博物館」の館長さんに来て頂いて、フィルスト〜バッハアルプゼ〜ファウルホルンのコースを歩き
様々な説明を受ける。
グロース・シャイデック方向 ファウルホルン近く バッハアルプゼー
2011年08月05日(金) 晴れ *** 2857
今日の天気は、曇り〜雨。
午前08時の外気温は、+16℃。

TBS「世界遺産」取材の3日目。
ミューレンにある酪農家を訪問する。

天気は、曇ったり、雨が降ったり、雷が鳴ったり、やがて晴れて来たり・・・・様々な天気がある。
山小屋レストラン 山小屋レストラン 雨上がりの「虹」が
2011年08月04日(木) 晴れ *** 2856
今日の天気は、晴れ。
午前08時の外気温は、+18℃。

TBS「世界遺産」取材の2日目。
午前中は、グリンデルワルトの村内の実景などを撮影し、午後からラウターブルンネンの実景も撮影する。
アスペンにて ボドミにて ボドミにて
2011年08月03日(水) 晴れ *** 2855
今日の天気は、晴れ。
午前08時の外気温は、+15℃。

昼間は事務所で仕事をし、夕方からチューリッヒ空港に向かう。
TBS「世界遺産」のスタッフを迎えに行く。
午後19時15分着と21時40分着の2つのグループをミートし、一路、グリンデルワルトへ。
グリンデルワルトには、午前0時30分に到着する。
2011年08月02日(火) 晴れ 2854
今日の天気は、晴れ。
午前08時の外気温は、+16℃。

今日は、久し振りに「エンゲルベルグ」に行く。
何年か前に、女子のアイスホッケーの試合で日本チームを応援に行ったのが最後。
(試合は日本対スイスで、スイスチームが勝ったのだが・・・)
ここは、「天使の山」という意味で、普通はゴンドラ・バーンとロープウェイを乗り継いで「ティトリス」(標高3238m)に上がる観光が
多い。また、日本人観光客は少なく、台湾、香港、そして最近はインド人観光客が多い。

久し振りに、夏のシーズンにやって来たが、ティトリス以外にもゴンドラなどがあり、様々なハイキングコースもある様子。
なかなか、良いようだ。
http://www.engelberg.ch/index.php?id=58&lang=en


「今月の写真」を、どうぞ。

明日、「世界水紀行」のユングフラウ編が、放送される。
08月03日(水)よる9時〜 ユングフラウ編
http://www.bs4.jp/w_mizu_europe/oa/index.html
2011年08月01日(月) 晴れ〜曇り *** 2853
今日の天気は、晴れ、その後曇り。
午前08時の外気温は、+16℃。

今日は、スイス建国記念日。
スイスがオーストリアのハプスブルグ家から独立したのが1291年08月01日。
その日の夕刻に、ウーリ、シュヴィーツ(のちの国名となる州)、ウンターヴァルテン(現在のオプヴァルテン)の3つの州の住民が、
ルッツェルン湖にある「リュトリの森」に集い、独立することを誓った。
なので、建国記念の催事、パレードは夕方から始まり、暗くなった時に花火が打ち上げられる。
今から、丁度720年前のことである。
この独立運動の時に活躍したのが弓の名人である「ウィリアム・テル」(架空の人物)だ。
彼の活動はルッツェルン湖(フィアヴァルトシュタッターゼー)の周辺にあり、彼の生まれた「アルトドルフ」の広場には、彼と息子の
大きな銅像が立っているし、博物館もある。

また、インターラーケンでは、ウィリアム・テルの野外劇なども毎年の夏に開かれている。
http://www.tellspiele.ch/
アイガー パレードがやって来る