おやじの つぶやき

読者のご意見
ご意見を頂いた方々の了解を取っていませんので、
あえて、おやじの方から「匿名」にさせて頂きました。
もし、不都合な部分がありましたら、
お手数でもお知らせ頂ければ幸いです。
「おやじのつぶやき」(読者のご意見)
(2005年08月分)
「おやじのつぶやき」 表紙 「おやじのつぶやき」(読者のご意見)
(2005年10月分)

2005年09月28日(水) *** 女性
グリンデルワルト日本語案内所のホームページいつも楽しく拝見させて頂いています。
特に、おやじのつぶやきは毎日楽しみにしています。
友人から「JIB通信」の事を聞いて、私も是非大好きなスイスの情報等を教えて頂きたいと思い
メールさせてもらいました。

今年の夏、初めて念願のスイス旅行をしました。
小さい頃にアルプスの少女ハイジを見てから、大きくなったら必ず行ってみたい!と思い続けて
いたのでとても嬉しかったです。

素晴らしい景色に感動をし、ハイキングをしたり楽しい時間を過ごしました。また是非行きたい
と思っています。

この間、開催された世界旅行博2005に行きスイスのパンフレットや粗品を頂きありがとう
ございました。

抽選の賞品が当たる事を願っています(*^_^*)
2005年09月27日(火) *** 女性
世界旅行博には残念ながら行けませんでした。
だいぶつわりは軽くなってきたのですが・・・。毎年あるのですよね?いつか行きたいです。

おととい閉幕した万博の中のオーストリア館でそりを2,000円で売っている映像をテレビでやっていました。
テレビに向かって「いいなぁー!」とさけんでいました。
実際あのそりはいくら位なのでしょう?私もいつか手に入れたいと思っております!

10月は「世界の車窓から」と「世界の絶景」で、スイスの景色を見ることができるので楽しみにしています。

これからも「おやじのつぶやき」を楽しませてもらいます。
そしてまた書き込ませていただきます。
2005年09月27日(火) *** 男性
何時も「おやじのつぶやき」拝見してます。
復帰はしてるようですが、9月分だけ見れないようです。
白紙の状態ですが?
2005年09月26日(月) *** 男性
先週、グリンデルワルト4日、ツエルマット3日滞在しました。
曇りの日もありましたが、素晴しいスイスの自然を楽しませていただきました、歩け歩けの1週間でした。
季節は9月末、地元の人々は冬支度中、観光客は老夫婦が目立ちました。
スイスの素晴しい自然も楽しみましたが、スイスの人々の朝早く仕事に出かけ、仕事に励み、夕方は
きちっと帰り家族を大切にし、家に花を飾ってきれいにする姿を見せていただきました。そして老夫婦が
お互いを労わりながら旅行している姿をみせていただきました。
わがまま不平を言わず、仕事に励み、家をきれいにし、家族を大切にするのが本当の男だと感じました。
『おやじ』さん、この感想って当たってますか?

*当たっていると、思いますよ。(おやじ)
2005年09月25日(日) *** 男性
3日間、大変お疲れ様でした。
半日会場内を歩き回るだけでも足が棒になるくらいでしたのに、ずっと立ち通しで多数の来場者に対応
され、まさに怒涛の3日間だったと思います。


いろいろな国々のパンフを貰ってきましたが、スイス以外は浮気しちゃいけない、というよりも浮気出来ない
ほどスイスの魅力が勝っていると改めて感じました。

ロングステイの資料も集め、「スイス・ロングステイ&クライミング三昧」という夢を叶えたい気持ちも一層
強くなってきています。

また、冬のスイスも楽しめるようスキーにチャレンジするつもりです。
つまり、春と秋は日本、
夏と冬はスイスで、が理想の生活スタイルです。
ただ「お金」どうするかが大問題ですが、阪神タイガース関連株で蓄えられればこれまた理想です。
2005年09月24日(土) *** 男性
旅行博では貴重なお時間を有難う御座いました。ご盛会でお疲れ様でした。
私事ですが、妻も横浜会場の旅行博で安東さんにお目に掛かり、すっかり安東さんファンになり、昨年は
所要で開催時にお目にかかれませんでしたので、今年こそはグリンデルワルトコーナー訪問を楽しみに
してましたが、9月12日に急性の間質性肺炎になり、病院に入院中ですが、経過は良好で来週には退院
見込みです。
頂戴したピンバッジを渡しましたら、Eigergletscherからの滑りを懐かしがって、また行こうと云ってました。
その節はよろしくお願い致します。
2005年09月23日(金) *** 女性
先日、JIB通信にて世界旅行博のお知らせをいただき有難うございました。
昨日23日の午後、出かけました。
会場にはたくさんの人、ことに若い人達が押し寄せていて、ことに日本語観光案内所の周辺は大勢の
人でにぎわっていました。

ご案内にありましたように、安東所長様に一声おかけして、バッジを頂戴しました。
また、大変わかりやすく、良くできているチラシやパンフレットも頂いて参りました。
とてもご説明などされるゆとりはないようでした。
スイス政府観光局の方も無言で既製のパンフレットを次々と取り出すのが精一杯の様子でしたので、
貴社の出展はスイスのためにも大いに貢献されているのではないかと思われました。

私自身は来年はどういうことになりますのか、わかりませんが、とにかく楽しいひと時を過ごさせて頂き
ました。ありがとうございました。
皆々様のご健康と貴社のご発展をお祈り申し上げます。
2005年09月21日(水) *** 男性
安東さま、ご無沙汰しています。
連日のお仕事、お疲れさまです。
すでに地球博のために来日されていらっしゃるのでしょうか。
私たち一家は24日(土)に行けると思います。
お会いできることを楽しみにしています。

さて、すでにご存じのことと思いますが、過日よりご連絡がありました『世界の車窓から』ですが、
今週月曜日よりすでに放送が始まっています。
http://jp.fujitsu.com/train/
今夜はシャフハウゼンに向かうとのこと。
以上ご連絡いたします。
2005年09月20日(火) *** 女性
ご無沙汰しております。お元気でしょうか?
「世界の車窓から」を楽しく拝見しております。
なかなか伺うことができず、もう11年が過ぎました。スイスは今もあの頃と変わりないですか…?
あいにくのお天気だったハイキング、好天のグリンデルワルドとアイガーを見ながら飲んだコーヒーを
思い出します。
久しぶりにお会いしたくて、旅行博に伺おうと思っています。23日に行きたいと思っています。
8歳の息子と娘も一緒です。11年もたつとだいぶ私の容姿も変わってしまいましたが……。
お会いできるのを楽しみにしています!
2005年09月19日(月) *** 女性
安東さんこんばんは。
7月頃にも書き込ませていただいた者です。
もう日本へ向けて出発されたのでしょうか?
「おやじのつぶやき」を見て世界旅行博の存在を知り、グリンデルワルトのブースに絶対行くぞ!と思って
いました。
ちょうど某新聞で旅行博のチケットを抽選でプレゼントというのがあって、応募したら当たったので行く気
満々でおりました。
が、先々週からつわりが始まってしまい、今では買物に行くのも一苦労です。
埼玉からビックサイトまで行くのはちょっと怖いです。
楽しいことだから行けるかもしれないと思ってみたり、毎日の苦しみを考えるとやっぱダメかなと思って
みたり・・・。
すぱっとあきらめることができません。
行けるといいなぁ。と毎日つぶやいています(^^)
2005年09月19日(月) *** 女性
’洪水’に関する問い合わせで、きっとただでさえ忙しいJIBさんにめいわくかけては。。と思ったりして。
例の歩き方掲示板にも「Jibswissに問い合わせたらすぐメールが来ました!」なんてお薦めしてる人
いましたからね。

ちょっと調べるか、HPよく見たら載ってることいっぱいあるのに。
○日にスイス旅行するんですけど、どこどこの電車は動いていますか?
みたいな質問見ると、なんでそんな自己チューな質問できるの?
刻々と状況は変わるねんからわかるかぃ!とかマジでキレそうになってました。

もう騒ぎも落ち着いたと思うのでそろそろまたメールしてもいいかなぁ〜なんて勝手に思っています。
でも大変でしたね。帰ってきたばかりで、見慣れた風景があちこち被害を受けているのを見て、とても
悲しかったです。あらためてお見舞い申し上げます。


ところで今月の写真3枚目を見て、8月の旅行中の出来事を思い出しました!
駅前の小高い丘の上で、朝の6時過ぎからオカリナを吹いていた日本人のおじさんがいました。
その日はアイガーのモルゲンロートがきれいで、私たちはもちろん早くから撮影モードに入っていました。
泊まったホテルはその丘のさらに上で、部屋からはアイガーがよく見えました。
しずか〜な朝、美しい風景にひたっていると、とつぜんオカリナで「エーデルワイス」のメロディが。。
うわっ、これってきっと日本人やで。エーデルワイス♪ なんて、それはオーストリアやって!
と思いながらベランダから見下ろすと、案の定日本人とおぼしきおじさんがアイガーに向かって吹いて
いる!

極めつけはそのあとに吹いた「ふるさと」。
やっぱり日本人や〜。連れのおばさま達がぱちぱち拍手してるのも聞こえました。

結局三曲ぐらい演奏してホテルダービーの方へ立ち去っていきました。

きっと本人はアイガーに向かって演奏して気持ちよかったに違いないですが、他人には騒音以外の何物
でもない。
実際聞こえてきたとき隣の部屋の人は
びっくりしてベランダに出てきました。
突然の演奏に起こされてめいわくだっただろうな〜。

みんな朝ゆっくりしているお客さんばかりだったから。
もうほんとにやめてほしかった!! (怒)

ところでおやじ様来日(!)ももうすぐですね。
ひょっとすると日本滞在中に阪神優勝の瞬間見れるかも♪ですよ。
そうなることを祈っています!
2005年09月19日(月) *** 女性
多分、もうお忘れかと思いますが、1昨年、世界旅博へ伺った者です。
昨年は、残念ながら行けなかったのですが、
今年は行こうかと考えていますが、なにしろ東京まで遠いので
迷っています。
先週、香港へ息子と二人で旅してきました。3年続けて香港に行きましたので、少し慣れてきました。
スイスも来年か再来年には、行く予定です。
ちなみに、おやじのつぶやきは楽しく拝読させていただいています。
2005年09月10日(土) *** 男性
はじめてこのサイトに入り、つぶやきたるを読み感じたことですが、ニュースで「ヘリコプターに乗り次の
観光地へ向かう日本人観光客」の映像が印象的で、「ほんとに大変なときに旅行に往ってる人たちが
いるのだな・・」と思う反面、あれからどうなってるの?と思いこのサイトで状況を確認し、復興のさまを
感じ、ひとまず安心しているところです。
と、いうのも今年仕事の都合がつけば再びスイスの地を踏みたかったのですが、あいにく都合がつかず
リタイヤ・・・「来年こそ」と思っていたところの大災害で非常に残念で仕方がありません。でも、スイスの人
たちはきっと復興し、「神戸だって今ではすっかり昔のたたずまいをとりもどしてる。」私たち旅人を待って
くれてると思います。
そして「来年の夏はスイスへ」と願ってる日本人がいっぱいると思います。
一日でも早く復興しがんばっていただきたく、キーボードをたたきました。
あ、それからCOOP(旅行のときは毎日足げ無く通ったものです。)が閉店したとありましたが、災害の
影響ですか?よろしかったら教えてください。それでは、皆さん体に気をつけてください。
2005年09月09日(金) *** 男性
来週グリンデルワルトに行きます、
ホテルに途中からバスになるから夜遅くなってもいいか?とメールしたら、大丈夫駅まで迎えに行ってやる
との心強い返事をいただきました。でも昨年イエローストーンに行ったときは、ホテルから同様の返事を
もらったのに、結局迎えに来てくれなくて夜11時に飛行場で取り残されてしまいました。
スイス人の気質が楽しみです。
被災者の方には申し訳ありませんが、私はいろいろなアクシデントのある旅行は大好きです。そして1年間
山登りのトレーニングを積み重ねて目標にしてきたグリンデルワルトです、楽しみです。
グレッチャー氷河越えをめざすぞ!
2005年09月09日(金) *** 女性
22日にチューリヒ着。夫婦2人の個人旅行です。
23日アンデルマットに、乗り継ぎに次ぐ乗り継ぎで、やっとの思いでたどり着きました。
2日後、スーステン峠越えでマイリンゲンからグリンデルワルドへ行く予定でしたが、postに訊ねたら、道路
はclosedと聞いて、呆然。そちら日本語案内所に電話をして、交通遮断、村内のバス、シーニゲプラッテ
登山鉄道などの様子を聞き、その状態から判断して、今回、急遽エンガディンの山歩きに変更しました。
帰国後(5日)、HPおやじのつぶやきを読むと、「こちらはみんな、頑張っているのだから来てほしい」とあり
ました。
私たち夫婦も、半年前から計画を立て、どんなに行きたかったことか。でも、楽しみだったハイキング(シー
ニゲプラッテやイーゼンフルーのコース、また、アイガートレイルなど)、今回は駄目かもしれない、と知り、
泣く泣くキャンセルしたのです。本当に泣きました。
でも、ホテルは分かってくださいました。(アンデルマットに閉じこめられているのか、といわれたようです)
来年の夏は、絶対に行きます。今回は勘弁してください。また、アンデルマットからの電話に親切に応対
してくださった女性の方、有り難うございました。
ドイツ語の洪水で、全く状態を把握できなかったので、本当に助かりました。では、来年の夏を楽しみに。
2005年09月06日(火) *** 男性
大変お忙しいところ、ていねいな個別回答までいただき、ありがとうございました。
 その後、ブリューニック線の状況は、http://www.zentralbahn.ch/ で見ました。
私はドイツ語がほとんどわからないのですが、おぼろげに「橋の架け替え」などということが書かれている
こと位はわかりました。これでは早期復旧は無理ですね。
 でも、被害状況を利用者に早期に詳細レポートするなど、鉄道会社としてさすがだと思いました。
JRなら「運転見合わせ中」と連呼するだけでしょうから。
バス代行運送を早期に開始しているところも感心します。
2005年09月05日(月) *** 男性
9月24日・25日とグリンデルワルト泊を予定しているのですが、洪水で「よその地方に行こうかな」と弱気に
なっていたところ、9月2日付の「つぶやき」を見て、「やっぱり行こう」と決意しました。
3年前にスイスに行った際にはインターラーケンに泊まって、グリンデルワルトは通過しただけだったので
「是非もう一度来れたときには」と思っていたのです。
ただ、インターネット上を探索したところ、ブリューニック線の被害がかなりひどいようで、復旧見込みも立ち
そうにないし、ゴールデンパスラインの、ツヴァイジンメンからインターラーケンへの幹線に出てくる部分も
駄目なようです。どちらも乗りたいところなので、心配です。
毎日、復旧状況のレポートを参考にさせていただいております。ずうずうしいお願いですが、最新情報を得ら
れる鉄道会社のサイトurl等も併せて掲載いただければと思います。よろしくお願いいたします。