おやじの つぶやき

読者のご意見
ご意見を頂いた方々の了解を取っていませんので、
あえて、おやじの方から「匿名」にさせて頂きました。
もし、不都合な部分がありましたら、
お手数でもお知らせ頂ければ幸いです。
「おやじのつぶやき」(読者のご意見)
(2004年07月分)
「おやじのつぶやき」 表紙 「おやじのつぶやき」(読者のご意見)
(2004年09月分)

2004年08月27日(金) *** 女性
先月2回ばかりメールさせて頂いた者です。
昨日、韓国人の団体客がショーを見ずに退席したというコメントがありましたよね?
質問ですが、スイスの人たちや他の外国人は日本人と韓国人、中国人の区別(語弊があるかも?・・)が分かりますか?
数年前に、ロンドン発の外国人(アメリカ、カナダ、オーストラリア、ニュージーランド、南アフリカの人が参加者でした)と一緒の
バスツアーに10日程参加したときのことですが、ツアーメイトが街中に「日本人がいるよ!」って教えてくれました。でも、私には
彼らが、韓国人だったり、中国人だということが見た感じで分かりました。
その後、旅先では、あそこにいるアジア人は「なに人??」といった具合でクイズ感覚の遊びが始まりました。
ルールは彼らの言語を聞く前に、外見だけで判断すること。
外国人は、「自分は彼らが日本人だと思うのに、なぜ中国人、韓国人だと分かるの?」と尋ねました。
旅先での、マナー違反や恥を起こすアジア人は、外見だけの判断で皆、日本人だという風潮はありませんか??
もしかしたら、彼ら(マナー違反する人)が韓国人や中国人かもしれないのに、「日本人」だと思われていることはありません?
なんとなく疑問に思い、また、それって損!だと思いメールさせて頂きました。
2004年08月24日(火) *** 女性
いつも「おやじのつぶやき」を楽しく拝読させていただいております。
いつもはうんうんとうなずきながら読ませていただくだけなのですが、今日はどうしてもお伝えしたいことがありまして・・・・
【水中めがね】
4年程前、子供のボーイスカウトの夏キャンプのお手伝いをしたとき、簡単にできる料理として牛丼を思いつきまして・・・
そこまではよかったのですが、誰がたまねぎを切るかということになり、言い出しっぺの私がやらされるはめになりました。
コンタクトレンズをしているとあまりしみない!と言われていましたが、何せ50人分のたまねぎを切るのですよ!!!
しみないわけがありません!
そして私も考えました。【水中めがね】しかないと・・・
確かにねぇ、最初の内は快適なのですが、だんだん汗で曇ってきて、手先が見えなくなる。さらに、目の周りはいたくなるし・・・
やっぱり海外のキッチンでよく見かけるフードプロセッサーが一番なのでしょうね。
ともかく、安東さんと同じアイデアだったのがうれしくて、スイスに全く関係なにのに、メールさせていただきました。
2004年08月23日(月) *** 男性
おやじのつぶやきファンです。
8月22日のつぶやきを読んで、賛同を覚えたので思わずメールしてます。
昨年に続き、今年も御社のホテル手配を利用してスイスを旅行しました。
ホテルでのこと。アイガー、メンヒ、ユングフラウを望むシャイデックホテルを奮発して(?)予約し、暮れ行く山を眺めながらの
夕食、と楽しみにしていましたが、隣席の日本人おばさまグループの会話がいやでも耳に。。。
冷凍食品を使ったお弁当の話などが延々と続きすっかりしおれました(^^;;
また、昨年宿泊して感動が1年薄れず今年も迷わず予約した、マッターホルンの勇姿をほしいままにできるリッフェルベルクでも
隣に日本人家族が座り、その会話のスイスとのあまりの無関係さと子供のうるささにせっかくの夜が。。。とトーンダウンしました。
シュバルツゼーでも日本人中年族のグループがやかましく、静かに山を楽しみたかったのが当てが外れてがっかりでした。
自分も日本人なのにこんなことを言うのはおかしいと思うのですが、どこに行っても日本人がいて、疲れる旅でした。
せっかくスイスに行くのですから、日本の日常を忘れて、どっぷりスイスにつかりたいものです。
ほとんど愚痴のようなつぶやきになってしまい、すみません。
毎日楽しみに読んでいますのでこれからもがんばってください!
2004年08月17日(火) *** 女性
突然ですが、日本は岐阜からお便りします。
今朝、ZIPFMを聞きながら出勤しました。
安藤さんのお話に(昨日は残念ながら、聞き逃してしまいましたが。)一度だけ訪れ、一晩だけ最高な気分で過ごしたあのグリン
デルワルドの村を思い出しました。
ユースホステル(といっても素晴しいロッジですよね!)から聞こえるヤギのベルの音に夜は安らぎ、朝は目覚め。。。
出くわした子ヤギの“ど”アップの写真はこれまでの私の撮影した中で最高の出来でした。
思い出を語りだしたら、きりがありません。お忙しい皆さまのお邪魔にならぬよう、ここまでにしておきますが、とにかく、今朝は
本当に気持ちのよい朝でした、ということが伝えたくて。安藤さんのお話のおかげです。
私も将来住むならスイス以外に考えられないくらい、数年前の体験に気持ちを引きずられています。
21年間、そちらにいらっしゃる安藤さんのお気持ち、未熟な人生経験ながら、少しは共感できます。
これからも、旅する人の心をあたためてあげてください。お仕事、頑張ってくださいね。それから、そちらでの生活ももっと
もっと楽しんでください。
2004年08月15日(日) *** 女性
13日にスイスから戻りました。
おやじ様もグリンデルワルトにお帰りなさい!ですね。
11日にツェルマットにいらしたというつぶやきを読んでびっくり!
私もその時ツェルマットにいました。といっても14じすぎの列車で
ジュネーブに向かいましたが・・・。ひょっとしてどこかですれ
違っていたかもです!

さてさて、3度目、5年ぶりに訪れたツェルマット、日本語の看板、表示が増えてましたね〜。それに建物も増えたし、バーンホフ
通りに馬車の落とし物(!)がなかった。何か道も
アスファルトになっていたし。あれ?まえからそうでしたっけ。
まえは道が石畳のところがもっとあったと思うんですけど。
それよりはじめて訪れたレッチェンタールの話を。
ブラッテンの「Edelweiss」というホテルに泊まりました。とってもよかったです。
バルコニーからランググレッチャーや
ビーチュホルンがきれいにみえました。
ラウヒャーアルプのゴンドラ駅からファフラーアルプまで谷の上を歩くコース(2時間半)を歩きましたが、予想以上に景色が
よくて感動しました。
日本人はおろか、行き交う人もかなり少なかったですが。
世界遺産に登録された地域に入ることで観光パンフレットにもかなり気合いが入っているように感じました。
秘境というイメージで紹介されていますが、だいぶ新しい建物も作られていて、これからもっと観光客が増えるのかも知れません。
しかし日本のツアーなどが入ることはないと思います。
グリンデルワルト地区のようにいろんな人が気軽に楽しめるハイキングコースなどは少ないように思いましたから。
個人的にはかなり気に入りました。

あとサースフェーにも今回初めていきましたが、バスで到着してあの風景を見たときは、ほんとに驚き、感動しました。
氷河村とは聞いていたけど、
村を取り巻く山や氷河と村のバランスが美しいと思いました。
サースグルントからホーサースに行き、クロイツボーデンからフラワートレイルを歩きました。
途中、地図とちがっている道を下りていることに気づき、山中でかなり心細くなっているところで偶然サースフェーで日本語観光
案内をしておられる志波さんという方に
出会い、下まで一緒に下りてくださったのがとても助かりました。
聞くと、私たちが通ろうとしていた道は崖崩れで通行止めになっているということでした。やはり地図だけではなく事前に観光局
などで確認しておくべきだったと反省しました。

それと思ったほど日本人に出会いませんでした。(心細くなるほど。)
サースフェーでは「Elite」というホテルに泊まりました。オーナーやスタッフがとてもいい雰囲気ですごくよかったです。
帰国して、暑さ(これでもおまえらがスイスに行ってる間よりはましになった方やと家族には言われますが)とオリンピック中継に
よる寝不足で
まいっていますが。また次のスイスに向けてがんばりま〜す!
ということでスイス報告でした。
2004年08月11日(水) *** 女性
「おやじ」こと安東一郎様
定期的に貴HPを覗かせていただいております。
あの真っ白だったグリンデルワルドが、どんどん緑と花に囲まれてゆく様をウェブを通して見ることができるのはとても嬉しい
限りです。
「おやじのつぶやき」7月号を拝読していてびっくりしたのですが、安東さん、7月28日にツェルマットにいらっしゃったのですね。
実は、私も27、28日の2日間ツェルマットにいたのですよ。
27日はリッフェルベルクに泊まったので、残念ながらお目にかかれなかったのかも・・。天候に恵まれ、楽しかったなぁと時々
思い出していますが、安東さんの「つぶやき」を読み、かつ写真を拝見してますます記憶が鮮明によみがえってきました。
是非お目にかかりたかったですネ・・・。
今回はツェルマットにしてしまいましたが、次回はグリンデルワルドで秋のハイキングもしくはスキーをしたいと思っています。
また覗かせていただきます。
グリンデルワルドの楽しい写真や情報を、楽しみにしています!
2004年08月08日(日) *** 男性
「おやじのつぶやき」毎日、楽しみにして読んでいます。
6月末にはいろいろお世話になりました。
今日7日の「おやじのつぶやき」ですが、ベルンでスリにあったというくだりを読み、あっと思いました。
我々もベルンで同じようにスリの被害にあったのです。
状況は次のようでした。
グループ6人でツェルマットに行くため列車に乗り1等車のコンパートメントに座りました。
発車後数分して、日本人女性が来て列車のデッキに財布が落ちていたと届けてくれました。グループの女性のものでしたが、
ショルダーバッグに入れてあったあったもので紛失に全く気づいていなかったのです。
現金だけ抜かれていてパスポートやカード類は無事でした。
不審な動きをしていた男のことを思い出した仲間がいました。
乗車時スーツケースを乗せるために皆で乗車口で協力していたところ、かきわけるようにして降りていったのです。
空いているドアからでなく、なぜ混み合っているドアから遅れてわざわざ出ていくのかと思ったそうです。
その男が犯人だったとすると、推測ですが我々がホームにいたときから目をつけられていて、列車到着後別の入り口から先に
乗り込み我々に近づいて反抗に及んだのです。
被害は現金の一部でしたので、あきらめて旅行を続けました。なぜ財布がデッキに落ちていたかは判りません。
被害届を出させないために現金だけ抜いて戻したのかもしれません。
今日、ベルンで乗車時に被害にあったとの話を読み、同じような被害が出ているなら安東さんに判断していただいて、これから
行かれる方に注意するよう呼びかけていただければと思います。
今回は夏でハイキングが主でしたが冬にスキーも良さそうですね。そのときはまたお世話になりたいです。
2004年08月07日(土) *** 女性
7月16日(金)に夫婦で「氷河を触って歩くコース」に参加した者です。大変お世話になりました。
あの日は天気が大変良く、素晴らしい一日を過ごすことができました。
私たちはスイスが3度目で、普段は夫婦でハイキングを楽しんでいますが、メンヒヨッホヒュッテへは標高が高いこと、氷河の上を
歩くことから、ツアーへの参加を決めました。
特にメンヒは登っている人もはっきり分かるほど間近で見ることができ、感動しました。氷河の白さと空の青さがとてもきれいで
今でも目に浮かぶようです(東京が暑い…スイスにまた行きたい…)。
上西さんには、たくさん写真を撮っていただき、ありがとうございました。ステキな写真がたくさんあります。
道そのものは思ったよりも分かりやすく、歩きやすい道でした。ぜひ多くの方に同じ感動を味わって欲しいコースです。
あと、グリンデルワルドで予約していただいたホテル(フィッシャーブリック)も良かったですよ。食事がとてもおいしかったです。
グリンデルワルドは団体客が多いのが苦手だったのですが、ホテル周辺は静かで、部屋からは氷河と教会の眺めが良かった
です。
その後、サンリュックで野生のエーデルワイスを見つけたり、マーモットを身近で見たり、とても良い経験をすることができました。
最後、ベルンで空港行きの電車に乗る際、スリにあったのが残念ですが…。
でも、また、スイスに行きたいです。その際はまたよろしくお願いします。
2004年08月05日(火) *** 男性
私ども6名、今年6月22日から26日までヴェンゲン・アイガーホテルに滞在しました。
22日、同行者の一人がラウターブルンネン駅で掏りに合うトラブルが発生しました。
事後処理に対して23日グリンデルワルトの警察へご同行下さリ、諸手続きご尽力頂きました。
昨日、本人から連絡があり、盗難品の保険処理も終わったようです。
今回の旅行では、貴事務所を訪ねるのを楽しみにしていました。図らずも旅先のトラブルでお世話になるとは思ってもいません
でした。
23日、そちらに参り、昼食にラクレット料理を紹介頂き、舌鼓を打った思いでも忘れません。
こんごとも邦人のためにご尽力頂きますようお願いすると共に、スタッフ皆さんのご活躍、特にホームページの充実、新企画など
期待しています。
近年中にグリンデルワルトへ連泊ででかける予定です。そのときはいろいろ情報をお願いしたいと存じます。
時節柄ご自愛ください。
2004年08月02日(月) *** 女性
見ましたよ。
新婚さんの朝食ってコ−ナ−で・・・・・。
3年前に行った時のことを思い出しました。なんかまた行きたくなっちゃいました。
そちらは、もう冬の準備ですか?? いつも情報をありがとうございます。
2004年08月02日(月) *** 女性
所長様も忙しくスイス各地を飛びまわっておられる様子ですね。
私の友人も2組(1組は新婚旅行、もう1組はスイスデビューの中年(!)女性)
今スイスを旅行中ですが、どうやらお天気に恵まれたようで、やれやれ。
という私はいよいよ明日、3日出発です。
やっと暑い日本から脱出です。でもスイスの天気予報あんまりよくなさそう・・・グスッ。。
13日に帰国します。また帰ったらスイスレポート、報告させていただきます。
それでは行ってきます!
2004年08月02日(月) *** 女性
もう4年前に友達とスイスに行ったとき、汽車の切符などの購入でお世話になったものです。
いつも親父のつぶやき楽しく読ませていただいています。
今後とも楽しいお知らせお願いします。
2004年08月01日(日) *** 男性
毎日おやじのつぶやきチェックしています。
最近、つぶやきと言うよりぼやきになっている気がします。

日本は明日からお盆休みのところが多くグリンデルワルトにも多くの観光客が来るのでないのでしょうか???
2004年08月01日(日) *** 女性
スイス建国記念日・・・713回目とのことおめでとうございます!!
グリンデルワルトクラブツアーの2000年夏、私達も建国祝ったこと・・今も鮮明に思い出されます〜〜☆
確か2回目の参加で皆さん顔なじみの面々・はちゃめちゃに楽しかったことがいっぱいありました!!
最近の安東さん(つぶやきで)とっても殺人的に忙しそうですが・くれぐれも倒れないように休養をとりながら頑張ってください
ね〜〜☆
2004年08月01日(日) *** 男性
いつも楽しくおやじのつぶやきを拝見しています。
同じ年代のためか(多分同級生ー小生昭和29年生)、なるほどと思うつぶやきばかりです。
先ほどまでサッカーのアジアカップ、日本、ヨルダン戦(中国、重慶)を観ていましたが、観客のマナーの悪さには辟易しました。
あんな国でオリンピックができる訳がないと思います。
中国人のマナーの悪さはドイツに行った時に直に見ましたが、ひどいものでした。
特に海外に行った時にはマナーには小生は充分気をつけ子供にも教育しているつもりです。
さて今日のニュースから、
成田空港からの出国が始まりました。お盆の時の航空運賃が高いので分散化されているようです。なかには、スイスへスキー
合宿1ヶ月という子供達もいました。不況といいながらもやはりみんなお金を持っているなと感じた今日でした。ちなみに今夏の
海外の予定はありません。50近くになると体の無理がきかなくなってきます。お忙しいなか体調には十分ご留意ください。