おやじの つぶやき

読者のご意見
ご意見を頂いた方々の了解を取っていませんので、
あえて、おやじの方から「匿名」にさせて頂きました。
もし、不都合な部分がありましたら、
お手数でもお知らせ頂ければ幸いです。
「おやじのつぶやき」(読者のご意見)
(2004年05月分)
「おやじのつぶやき」 表紙 「おやじのつぶやき」(読者のご意見)
(2004年07月分)

2004年06月28日(月) *** 女性
安東さんこんにちは。
先日にホテルでの夕食についてメールしました者です。
お返事ありがとうございました。
今回のつぶやきの感想です。
私も自分が日本人でありながら日本人の団体さんに会うとうんざりしてしまいます。
団体の人たちは挨拶をしても返してくれないからということも理由のひとつです。
だから「絶対に日本人と出会わないハイキングコース」なんていうタイトルには飛びついてしまうと思います。
私はいつも「ロープホルンヒュッテ」に行きます。
あそこでは日本人に会ったことはないので。
でもたまに新聞のスイス旅行の案内の中に「山小屋に泊まる」などというタイトルで「ロープホルンヒュッテ」の字を
目にすることがあり、有名になってしまうのではないかと心配になる時があります。
皆さんに素晴らしい風景をみてもらいたい気持ちと、誰もが知ってしまう場所にしたくないという気持ちが交ざって
複雑ですね。
2004年06月27日(日) *** 男性
”つぶやき” 昨年の11月頃(グリンデル=岩)より時折、拝見させて戴いています。
01年にモンブラン(シャモニー)に行って以来、同行10名で計画していましたが、あの世に行ってしまったり、癌で入院
したりで、延期、退院を機会に、来月3日よりご当地(DERBY)に3、ツェルマット(ANTIKA)に3、ジュネーブ(REX)に1、
パリ2泊で参ります。
当初は、御所(京都みたいで変なので、JIBにします)にお世話になる予定でしたが、2、3回目の方々も加わり、30名と
増え、コースもマチマチ、パリ組も出て、JTBに、お願いすることになりました。
JTBの案内資料に安東所長の名前を見つけ、何となく嬉しくなり、又、娘も十数年前にJIBさんに、お世話を掛けたよう
なので、お忙しい折とは、思いつつも、下手なメール書きました。
JTBツァーは、結局、現地、全て自由行動ということになりました。
@J.ヨッホ、Aフィルスト、Bシルトホルン、及び@ローテンボーデン、Aロートホルン、BK.マッターホルン(Sunrise
excursion=水曜日、これは、ツァーに参加しないと4:45のゴンドラには乗れないのでしょうか?)等を予定しています
が、いずれか一ヶ所ずつでもと祈っています(昨年は7/4ー14まで晴天でしたね?)。
皆さん其々に、歩かれるのですが、私は、病(痔)と爆弾(出血)を抱えており、同行出来ませんので、鉄道パス(orVIP
パス)、Peakパスで回れるだけ行く一人旅のつもりです。(現地当日購入の予定=VISAカード可能ですよね)
”写真でみるお勧め...”プリントさせて戴きました。歩いた積もりでのイメージにしたいと思います。
”天気の悪い日の遊び方..”も。
老人ハイカーのマナーのお話、耳が痛いです。各自注意したいと思います。
ごみの始末も、ホテルまで、持ち帰るようにしているのですが、ホテルでも、あまりいい顔はしてくれませんので、駅や
レストランのゴミ箱に捨てる人が出ます。現地では、どの様にしているのでしょう?
最近、日本では、駅やレストラン等は、屋外ゴミ箱は極端に少なくなりましたね(テロ対策)。
観光バスのガイドさんが、ごみを纏めて、自動車専用道路のドライブインのゴミ箱に捨てたことで、物議をかもした事
がありましたが。
私は、67歳の過っての山好きの寡夫(子供は40歳を頭に3人いますが)です。
なにか、前からの知合いみたいな気がして、長々と失礼しました。
陰ながら、お会出来るのを楽しみに!(お忙しくて、お留守かもね)
いずれにしろ、JIBさんには、何かとお世話になることになります。宜しくお願い致します。
2004年06月27日(日) *** 男性
こんにちは。
いつも色々お世話頂き、どうもありがとうございます。
いつぞやも、MacでE-mailを受信した時のリンクの件についてご連絡を差し上げた際にも、大変早々の丁寧なお返事
をどうもありがとうございました。
さて、写真クイズの解答を送らせて頂きたいのですが、こちらでよろしいでしょうか?
解答は、
1. アルトドルフ Hauptplatzのテル記念像
2. アイガー北壁
3. クライネシャイデック駅
4. モントルーのシヨン城
5. ベリンツォーナのカステル・グランデ
6. ベルンの連邦議会議事堂
ですね。
もし送信先が誤っており、送り直させて頂く必要がございましたら、正しい送り先をお教え頂ければ幸いです。
今まで何度も、写真クイズには解答を送らせて頂きたいと思って頑張ってはおりましたが、いつも最低でも
1つはわからないものがあって、今日まで何も送らせて頂く事が出来ませんでした。
でも、今回は自信がありますよ!
2004年06月24日(木) *** 女性
先日の「つぶやき」に載っていた山岳ガイド、インダービネン氏のことは、山についてど素人の私には全く知らない人
でしたが、
紹介されていたHPの白黒の写真、刻まれたしわがとても印象的で、このおじいさんが亡くなったのか・・
そんなすごい人だったのか〜と
胸がいっぱいになりました。
で、SWISSINFOを見てみると追悼記事が載っていました。
ますますすごい人だ、と感心し、人から見るとすごい人なのに自分自身はごく自然にゆったりと生きてこられたん
だなぁ〜と思いました。

こんどツェルマットを訪ねたときにはあの墓地に静かに眠っておられるのでしょうか。
おやじ様ももしまだご覧になっておられなかったら是非読んでください! 
http://www.swissinfo.org/sja/swissinfo.html?siteSect=105&sid=5009079

さてさて本題はホテルの予約のことですが、サースフェーのホテルがなかなかうまくいかなくて、ついにjibswissの
お世話になろうかなぁと思い始めています。

(こんなことなら最初からお願いしとけよってなもんですが、いつもいろんなホテルのHP見て探したりコンタクトとったり
するのも、
旅の楽しみの一つだったもので・・)
でもうちのホテルの予約ってかなりわがままなんですけど、スタッフの人たちにあきれられませんかね?
それか、つぶやきのネタにされるか・・(笑)
古くてもご飯がおいしくなくてもいいんですけど、バルコニーからの景色がサイコーじゃないとだめなんです。
できれば角部屋とか。
そんなの希望のとこに書いてもいいんですかね。
すみません、うちの旅行にとってはかなり大事なことだったので思いきってたずねてみました。
2004年06月24日(木) *** 男性
いつも貴重な情報を頂いてありがとうございます。
つぶやきの中にある写真を見てそちらの風景を懐かしく思い出しています。ありがとうございます。

こちらは今梅雨に入っていますが、あまり雨が降りません。でも梅雨の時期特有のじめじめした湿度の高い気候で、
食べ物の保存に気を使っています。スイスのすばらしい気候が懐かしいです。

私の夢は仕事を退職したら妻と一緒にのんびりとスイス旅行を楽しむことです。
まだ50歳で先は長いですがそれまで頑張って働きます。

妻はスイスの素晴らしさが分からないので国内をのんびり旅行できたらいいと言ってますが、アルプスの少女ハイジの
風景そのままの眺めを見たら驚きますよね。

私はまだ1回しかそちらへ行っていませんが、すっかりとりこになってます。
安東さん、これからもお元気で頑張ってください。
2004年06月23日(水) *** 男性
はじめまして。いつも「おやじのつぶやき」楽しく読まさせてもらっています。
グリンデルワルトには1回、スイスには2回ほどいっている53歳のおっさんです。
話題に取り上げてもらえたらという事がありメールしました。
ドイツやスイスに行くときに、いつもへったくそーな英語でなんとか済ませているのですが、やっぱりドイツ語が話せると
良いと、ドイツ語の勉強始めました。
で、どうやらスイスドイツ語(話言葉)はドイツのドイツ語とはずいぶん違うらしいという事のようですね。
またフランス語やイタリア語もありますね。
ガイドをされている中での、あるいは日常生活の中での言葉に関する話題があれば、時々紹介していただけると楽しい
です。
2004年06月21日(月) *** 女性
今日は朝から夕方まで暴風警報でした。明石あたりに上陸したそうです。
先週末、梅田の阪急三番街キディランドで(そこまで詳しく書かんでもええけど・・)新しいジグソーパズルを買いました。
実はジグソーパズルが趣味でかなりたくさん持ってます。
図柄としては風景、1000ピースのものがほとんどです。
その新しく買ったパズルの図柄はなんとヴェッターホルンです。

グルントあたりから撮ったものみたいです。とってもいいかんじ。
これでアイガー、フィーシャーホルンなどと共にグリンデルワルトの風景のが4つめになりました。
(実はパソコンの背景もグリンデルワルトです♪)
それ以外にスイスの風景では月並みですけど、ラウターブルンネン、ユングフラウ鉄道、ツェルマット、グリンジゼー
などもあります。

ちなみに完成したパズルはどうするか?
答えは、またバラバラにして何度も楽しむ。 でした。
さて。私の友人が(前回お話しした新婚旅行のとは別の友人)めでたくスイスデビューすることになりました。
相談を受けたのでjibswissのサイトを紹介しました。
ひょっとしたらホテルの予約とかでお世話になるかもしれません。その時はよろしくお願いいたします。
2004年06月18日(金) *** 女性
去年は、何度もあの前うろうろしたんですけどね。
いつのぞいても人がいっぱいで忙しそうでした。
おやじ様らしき人は見あたりませんでした(笑)
でも今年は、7月末あたりから親しい友人がめでたく新婚旅行でグリンデルワルトを訪れますので、私の代わりに
あいさつに
伺わせるつもりです。ほほほ。おやじ様がいらっしゃるといいんですけど。
自分の旅行は、去年ユングフラウ地方で6日間、晴天に恵まれハイキング三昧できたので今年は未踏の地に
挑戦(?)してみようってことで、
以前ご相談したレッチェンタールとサースフェーに行くつもりです。
また今回初めてKLMを使用する(単に安かったから)ので、1日目アムステルダムに泊まり、翌日シティナイトラインで
朝バーゼル入りします。

この夜行はいいと聞いたので思い切ってDeluxeを予約してしまいました!ちょっと楽しみ
たぶん旅行中で一番高い1泊代になるかも。。(笑)
こないだからサースフェーのホテルを予約しようとしてるんですけど、一向に返事が来ないんです。
こんなことはじめてでちょっと困っています。
ひょっとして6月って休業中なんでしょうかね。
来週大きな台風が来るそうです。
台風といえば去年「西宮に上陸」と新聞の見出しにもなった大型台風が来たとき私はグリンデルワルトにいました。
2004年06月15日(火) *** 女性
こちらは梅雨に入ったはずなのに毎日気持ちのいい青空が続いています。
グリンデルワルトも活気が出てきましたか。
私もあと6週間ほどがまんすれば
楽しい楽しいスイスだぁ〜っ!!
たしかに夕方コープに行くとすごい人です。年々日本人が多くなってるなとは思っていました。
(そういう自分も日本人です)
でもみんな自分と同じように
翌日のハイキング用食糧調達だと思ってました。
そっか〜。夕食用もありか。貸別荘ならともかくなんかちょっとさみしいですね。
うちはもっぱらHalfboardです。主人がレストラン探して何食べるか迷うのがめんどくさいタイプなんです。
ところで例の客引きの店って、実のところ何ていう店なんでしょう?
客引き反対署名してるくせに、どの店か知らないんです。
まさか「つぶやき」に実名を載せるわけにはいかないですが、個人的なメールだったら教えてもらえるかなと思って。
(固有名詞がだめなら○○店と××店の間とか・・笑)
だって知らずに買っちゃったら腹立つから。もっとも高価な買い物とは縁がありませんが。

さてさて最後にお知らせを・・・・
例の恵比寿ビール、めっちゃおいしかったですよ!
灯台もと暗し。先日法事で実家に帰ったら弟が、「おねえちゃんめずらしいビール飲む?」って出してきたのです。
「おまえ当たったん?なんちゅー運のええやつや!」しかし姉弟そろって同じことしてたとは(笑)
おやじ様に飲ませてさし上げたかったです・・・・
2004年06月15日(火) *** 女性
安東さんこんにちは。
「おやじのつぶやき」を読んで遠いグリンデルワルトに思いを馳せています。
今回(6/14)のつぶやきを読んでの反論ではありませんが私の場合は・・・ということで書かせていただきます。
私は独身時代は、毎年グリンデルワルトの某ホテルを常宿として泊まっておりました。
個人手配でしたから夕飯はついていませんでした。
ホテルの主人とも親しくなり、夕飯はホテルのレストランでいただこうとは思うのですが、レストランでいただいた
次の日はきまっておなかをこわしました。
レストランの食事は量が多く油っこく重すぎて私達の胃袋には負担がかかってしまうのです。
ですから私達もツアー客と同じようにCOOPで買物をして食べていました。
宿の主人に悪いので1週間滞在中2日くらいはレストランで無理して食べていましたが。
ツアー客の中にもこういう人がいると思います。
でも、私達もごみばっかり出していたな・・・ホテルにとって良い客ではなかったのねと胸が痛くなりながら今回の
つぶやきを読んでいました。
今、知り合いが新婚旅行中で、フランスのあとにグリンデルワルトに行って私の常宿に3泊する予定です。
彼らは大食漢だからレストランで食事をすると言っていました(^^)
これからもつぶやきを読んでグリンデルワルトを身近に感じていたいと思っています。
2004年06月09日(水) *** 女性
毎日「おやじのつぶやき」チェックしています。
今月の写真の1枚目、ホテルダービーが写っていますね。手前側の旗の出ている部屋に泊まったのです。
1999年夏、一行7名を引き連れてのスイス、イギリス、フランスの旅。こちらの担当さんがとても心配して、チュー
リッヒ空港からルツェルンのホテルまでは出迎えガイドさんを頼むようアドバイスして下さいました。
到着翌日、グリンデルワルトまで自力で移動、さて、ホテルにみんなを連れて行かなきゃと、緊張して列車からおり、
キョロキョロ。なんと目の前にそのホテルがありました。
駅よりホテルが近いなんて・・・
スイスをめいっぱい楽しむ第一歩を記したグリンデルワルト、記念のホテルです。懐かしかった!
毎月の写真もとても楽しみにしています。
2004年06月03日(木) *** 女性
ほんとに暗いやりきれない事件ばかりです。
小六少女のトラブルはチャットが原因とか。。
今の子どもたちにとってコンピューターや携帯は、日常の必需品なんですかね。
学校の帰りに、友達との別れ道で長いこと話し込んで帰宅が遅くなって怒られ、家に帰れば長電話して親に怒られる
子どもなんていないんでしょうかね。。


さて話題は変わってSwissinfoで見たニュースなんですけど、スイスで緑茶が人気が出てきているってほんとですか?
ほんとならとってもうれしいんですけど。
旅行中お茶を飲みたくなることってあるんですよね〜。
4,5年前サンモリッツのコープで緑茶(1gの紙パック)を見つけ、大喜びでホテルで飲んだらなんと!
砂糖入りでした。まっず〜い。期待が大きかっただけにとても悲しかったです。
去年は家の近くのスーパーで水出し緑茶パックというのを見つけて持って行きました。これが大正解でペットボトルに
水道水を入れ緑茶を作りました。
あの猛暑の中でのハイキングに大重宝しました。
今年も緑茶パックは必須アイテムやなと思っていたんですが、もしスイスで緑茶が売ってるんだったら持って行かなく
てもいいかななんて思ったんで
質問してみました。
でも、もしあの砂糖入りだったらNGですけどね(笑)。